借金 一括請求のまとめ※個人再生の相談は弁護士へ

借金 一括請求のまとめ※個人再生の相談は弁護士へ

借金 一括請求のまとめ※個人再生の相談は弁護士へ

借金の督促状には債務の一括請求について記されていることが少なくありません。たとえば、現在の債務が100万円であれば100万円を期日までに口座に振り込むようにと書かれているのです。しかし、借金を長期間返済出来ない人が債務の一括請求に応えるというのはほぼ無理です。
では、なぜ債権者は一括請求を求めるのかというと、そのような強い文面であれば連絡をしてくると考えているからです。債権者にとって督促状を送らないといけない状況というのは、債務者と連絡がまったく取れない時です。100万円を一括で返済してほしい、そうしなければ裁判を起こすという内容の手紙を送れば、「一括では返済出来ないが分割なら出来る」といった反応が期待出来ます。勿論、債務者が裁判をされるのが嫌だからということで、親類などにお金を借りて、それを返済に充ててくれるかもしれないということも期待出来ます。つまり、一括請求というのは、あくまでも可能なら払ってほしいということで、家に来て家財道具を持っていくといったことはしませんし、また裁判所に訴える前に銀行口座を差し押さえするといったこともないのです。
なので、債務者からすれば、借金を一括で返済してほしいと言われたとしても、それほど恐れる必要はありません。100万円を支払えと言われたとしても、100万円を持っていなければ債権者は取りようがないからです。なので、一括請求されでも慌てずに、まず借金問題の相談に応じてくれる行政の窓口などへ行って相談するといいでしょう。