債務整理すると?今までの生活※弁護士選びガイド

債務整理すると?今までの生活※弁護士選びガイド

債務整理すると?今までの生活※弁護士選びガイド

債務整理には大きく分けて、自己破産と個人再生、任意整理の三つがあります。このうち、自己破産と個人再生の手続きというのは借金の全部または一部が免除されますので、利用者にとっては非常にメリットのある手続きとなってます。しかし、免除してもらう借金に連帯保証人がついている場合には、残った債務についてはそちらに請求がいくようになります。通常、連帯保証人というのは家族や親しい人がつくものですので、自分の借金は軽くなりますが周囲の人に迷惑をかけることになります。
一方で、債務整理の中でも任意整理というのは利息の引きなおしをして減額になったり過払いが生じることもありますが、基本的に借り入れをしている金額全てを返済する手続きとなっています。そのため、上記のような法的手続きに比べると金額面での負担は大きくなりますが、連帯保証人に迷惑をかけずに借金を整理することができます。また、任意整理は借り入れた事情に関係なく手続きができるのも大きなメリットです。自己破産では浪費の借り入れでは免責が受けられなかったり、財産を失ってしまうというリスクがありますが、きちんと完済すれば購入したものや住宅、車を守ることができます。
債務整理を利用するときには、これらの特徴の違いについても専門家から意見を聞いた上で、自分に最も適しているのがどの手続きかを良く考えてから方針を決めましょう。いずれの場合でも一定期間ブラック扱いになりますので慎重に行いましょう。