債務整理と連帯保証人について問題※弁護士選ぶなら

債務整理と連帯保証人について問題※弁護士選ぶなら

債務整理と連帯保証人について問題※弁護士選ぶなら

小口融資であるフリーローンなどは連帯保証人の必要がありませんが、連帯保証人が必要な融資もあります。滞りなく返済を行うことができれば、連帯保証人に迷惑をかけることはありませんが、借金の返済ができなくなってしまった場合は、連帯保証人は深刻な状況に追い込まれることになります。

借金の返済ができなくなり、少しでも負担を軽減するために、債務整理を行うことになります。任意整理程度であれば、連帯保証人は代理依頼する委任状を書くことで済みますが、個人再生や自己破産による債務整理になりますと、そう簡単ではありません。個人再生あるいは自己破産の場合は、財産がまず整理されます。その上、借金の減額、あるいは全額免除が決定されます。財産の整理はまず債務者本人から始まりますが、本人に返済能力がなくて債務整理を行うわけですから、自ずとその額には限りが出てきます。

債務者本人が返済できない分に関して、債権者は連帯保証人に請求することになります。債務者本人は救済されますが、連帯保証人はその分を債務者本人の代って返済しなければならなくなるのです。保証人が代わりに支払った借金は、当然、債務者本人に請求することができますが、このような保証人に多大な迷惑をかけないためにも、債務者は個人再生や自己破産はできるだけ避ける必要があります。そして、その代わりに任意整理や特定調停などの借金の減額措置による債務整理を行い、問題の解決を図るべきでしょう。