任意整理とその後、債務整理の方法※体験談はこちら

任意整理とその後、債務整理の方法※体験談はこちら

任意整理とその後、債務整理の方法※体験談はこちら

金融機関からお金を借り過ぎたり、収入が少なくなってローンの返済が難しくなった時は借金の整理が必要です。
そのようなときに便利なのが任意整理という方法で、この手続をすれば借金を減らすことができます。
ただこの整理方法をすると金融機関からの借入が難しくなり、色々と不便なことになります。
任意整理をした時にすでに住宅ローンを組んでいた場合は、うまく債権者と話し合いができれば住宅の存続ができます。
存続そのものは可能なのですが借金の整理をするような状態ですから、多くの場合住宅ローンが払えない状態になります。
その場合は任意整理をした上で、住宅の任意売却をすることが多いです。
任意売却とはローンの払えなくなった住宅を売ることで、任意整理に近いものです。
この任意売却をする時はある程度ローンの返済が滞っている必要があり、そういう状況になると金融機関がローンの催促をしてきます。
それが進んでいくと金融機関が住宅を競売にかけようとするので、その時期になる前に申し入れれば任意売却が可能になります。
もしくは任意整理の過程で金融機関に任意売却を持ちかけることでも、同じように頼むことが出きます。
この任意売却をすれば相応の価格で住宅を売ることができるので、その分残っていた住宅ローンを減らすことができます。
ただ必ずしも住宅ローンが完済できるとは限らないので、足りない分はその後もローンを返済することになります。
任意整理や任意売却は法律の専門家に頼めば、簡単に利用できるので必要ならば相談してみるといいです。