任意整理の手続きの流れ※支払可能な条件は無料相談

任意整理の手続きの流れ※支払可能な条件は無料相談

任意整理の手続きの流れ※支払可能な条件は無料相談

任意整理は弁護士や司法書士に依頼することになります。
任意整理の流れとしては、依頼した弁護士か司法書士が債権者に受任通知を発送します。
受任通知が債権者に届いた時点で債務者への請求はとまり、債権者との交渉が終わるまでは一時的に返済はしなくてもよい状態になります。
その後、弁護士・司法書士が債務者の取引経過を取り寄せ、利息制限法に基づき、引き直し計算をします。
債権者との交渉がまとまるように事前に方針を決めて、弁済案の作成をします。
その後、各債権者と交渉をして、返済が開始されることになります。
これが任意整理の大まかな流れとなります。
そういった流れを組み、場合によっては、払いすぎた利息の過払い金が発生している場合には、請求することができます。任意整理をした際に発生した過払い金については、返済してもらうことができます。
任意整理をすれば、借金の減額もすることができる可能性もあり、返済がとても楽になります。
最終的に交渉する期間は、債権者によって取引履歴を揃えるための期間が異なるために、期間は異なります。
自分の借金について、任意整理をする場合には、弁護士や司法書士に依頼することで、自分の借金についての不安を解消することができます。
借金がいくら減るのか、過払い金がいくら入るのか、そういったことを弁護士や司法書士に相談することで、任意整理をして調べることができ、借金に対する悩みを解消することができ、今よりも返済額が減ったり過払い金を返済してもらったりすることができます。