任意整理と完済後について債務整理の不安は無料相談で。

任意整理と完済後について債務整理の不安は無料相談で。

任意整理と完済後について債務整理の不安は無料相談で。

借金問題の悩みを解決する方法として任意整理や過払い請求という言葉が出てきますが、借金に関することには共通点はあるものの内容は大きく異なります。任意整理は返済が苦しくなった人が、金融業者との任意合意によって返済額を軽くして完済を目指す方法となります。法定外金利による融資では元金を減らすことが可能ですし、金利の負担を軽減した上で返済を行う方法となります。法定外金利で融資を受けると、その分に関しては過払い金として元金の返済に充当することが可能ですが、過払い金が戻ってくることはないのです。一方で過払い請求とは、完済後に法定外金利により払い過ぎた利息を返還するための方法ですから、完済するために行うのが任意整理ですし、完済後に払い過ぎた利息を返還してもらうのが過払い請求となります。どちらの方法でも過払い金が関係してきますが、最も大きな違いは個人信用情報機関の登録にあります。任意整理は、悪く言えば借金の一部を踏み倒し金利をカットしてしまう行為ですから、債権者からは著しく信用を損なう行為と言えます。ですから、個人信用情報機関に任意整理の情報が登録されてしまいますが、過払い請求は完済後に行うものですから個人信用情報機関に登録されることはないのです。個人信用情報機関に登録されると融資審査は確実に通らなくなりますが、過払い請求では請求後も借金が可能なのです。もちろん過払い請求を行った金融機関からは借金はできなくなります。