任意整理と官報について不安なこと※無料相談について

任意整理と官報について不安なこと※無料相談について

任意整理と官報について不安なこと※無料相談について

任意整理を行うことで、官報にその事実が記載されてしまうのですが、官報で公表されてしまったとしても、特に心配することなく生活を送っていくことができます。

まず、任意整理を行うことで、その事実だけではなく氏名や住所などの個人情報が公に公表されるようになります。
ただし、公表される場所については、裁判所等限られた場所のみになってきますので、一般の方が知ることは限りなく少なくなってくるのです。
裁判所に出入りされる方は、あまり多いとはいえませんし、わざわざ官報をチェックする余裕のある方も少なくなっていますので、その点で安心できるでしょう。

官報については、ネット上でも観覧することはできるのですが、任意整理について特別な興味のある方以外は、ネットで公表されていること自体知らない方が大部分となってきます。
この点でも、ネットで知人や友人に知られてしまう可能性は少なくなってくるのです。

ただし、官報は、悪徳業者がチェックしている可能性が高くなってきますので、任意整理後に業者からお金を借りないように注意しなければなりません。
悪徳業者は、任意整理を行った方を対象に、融資を行うというメールを送信してきます。
手続きを行った後には、金銭的な余裕がない状態になりますので、メールを受け取った後に利用してみたくなってしまうのですが、新たな借金を作るだけに終わってしまいますので、メールが来ても申し込まないように気を付けてみるとよいでしょう。