任意整理の条件について※債務整理の相談は無料で!

任意整理の条件について※債務整理の相談は無料で!

任意整理の条件について※債務整理の相談は無料で!

過払い請求と任意整理の共通する点は利息制限法に基づいて債務整理を行う点です。過払い請求は過去の利用分で、グレーゾーンにあたる部分の過払い金の返還を求める点にあり、改正貸金業法の施行以来、返還請求は現在も続いています。任意整理も、過払い請求と同じように利息制限法に基づき、過払い分を元金に組み入れることで債務の減額を図ります。どちらも長期に利用していた方ほどメリットは大きくなります。
逆に異なる点は過払い請求はグレーゾーンの違法となった金利分の返還を請求するもので、信用情報機関に影響を与えることはないのですが、任意整理に関しては債務整理の記録が残るため、整理後の5年を目安に新たな借り入れやクレジットカードの利用・新規申し込みができなくなる点があります。つまり、過払い請求は金融事故の取り扱いとならず、任意整理はブラックリストとなる点があります。
任意整理の場合は和解の結果を受けて、早期に弁済が始まります。最長3年を目安に支払い続けることになり、滞りなく払い続ける収入も和解交渉の大事な条件になりますが、弁護士の交渉次第では将来発生する利息や遅延損害金をカットさせることも可能です。
同じ過払い金が発生していたとしても、過払い請求と任意整理の間には大きな違いがあります。借金問題の解決でも債務の内容や利用している期間によって選択が分かれるところです。長期に利用している分が大半を占めているケースでは過払い請求で、どれだけ過払い状態になっているかで取るべき整理法が違ってきます。