任意整理の方法と個人再生についての体験談※無料相談

任意整理の方法と個人再生についての体験談※無料相談

任意整理の方法と個人再生についての体験談※無料相談

任意整理の手続きを弁護士に依頼すれば、その時点で貸金業者への返済が遅れていたとしても督促は止まります。弁護士が債務者の代理人になったら、債権者は債務者に対して直接取り立てを行うことが出来なくなるからです。
勿論、任意整理では返済は免除されないので、和解条件に従って債務者が債権者に対して返済を行わなければなりません。では、任意整理の手続き後、どれぐらいで返済を開始することになるのでしょうか。
まず、弁護士と貸金業者が話し合って合意するまでは返済の必要はありません。というのは、合意していないのであれば、返済する債務額は決まっていないからです。なので、返済が始まるのは合意後ということになります。
合意されても、その直後に返済しないといけなくなるわけではなく、一般的に二ヶ月程度経ったから、返済するということになります。
返済の仕方は依頼した弁護士によって違います。まず、弁護士が債務者からお金を預かって、それを債権者に対して振り込むという方法があります。この方法の場合、毎月決まった日に、債務者は弁護士にお金を振り込むということになります。この方法は多重債務者、つまり、返済しないといけない相手がたくさんいる場合にメリットがあります。というのは、振り込みが一回で済むので手間も振込手数料もかからないからです。
もう一つの方法は、債務者が債権者に対して直接返済を行うというものです。この方法も、やはり毎月の決まった日が返済日と決められて、その日に返済を行うということになります。