任意整理する場合の保証人について※債務整理の体験談

任意整理する場合の保証人について※債務整理の体験談

任意整理する場合の保証人について※債務整理の体験談

任意整理を行った場合、基本的には5~7年はその事実が信用情報に登録されてしまうため、その間は自動車ローンを組むことが難しくなります。また、任意整理を実施した金融業者については、永遠にその記録が残るためさらに厳しくなります。ただし。過払い金請求の場合は、完済後の契約終了後に行われるのが基本ですので、信用情報に登録されることはありません。払いすぎた自分のお金を取り戻すわけですから、何の問題もありません。自動車ローンも組めるはずです。
任意整理後に5年以上経過したなら、自分で信用情報をチェックするのも良いかも知れません。債務整理の事実が抹消されていれば、任意整理した業者以外の会社で自動車ローンを組める可能性は普通にあります。あるいは、自動車販売会社は、自動車を売りたくて仕方ない訳ですから、いろいろ相談してみることです。仮に5年経過していなければ、普通に銀行自動車ローンや信販会社の自動車ローンは通らないでしょうが、販売会社独自のローンの場合は通る可能性もあります。ただし、その場合には、低金利は望めないでしょうし、金額も限定されたり、保証人を要求されることもあります。
それ以外でも、頭金を多めに準備することで自動車ローンを組める可能性は高まります。たとえ、過去に任意整理した事実があっても、融資金額が小さく金利も高めであれば、普通の人に低金利で大きな額を融資するよりリスクは小さくなるのです。いずれにせよ、販売会社に相談してみることです。