任意整理を考えている方クレジットカードについて※体験談

任意整理を考えている方クレジットカードについて※体験談

任意整理を考えている方クレジットカードについて※体験談

債務整理をすると官報に載ってしまうと考えている方が多いのですが、同じ債務整理でも官報に載るものとそうでないものがあります。官報とは、その名の通り政府が発行する機関誌となりますので、裁判所を通さない債務整理については掲載されることはありません。具体的には、自己破産や個人再生は裁判所を通すため官報に掲載されてしまいますが、任意整理の場合は、裁判所は関知しませんので官報に掲載されることはありません。
任意整理とは、裁判所を通さずに弁護士や司法書士が債権者と任意に話し合い、金利や損害金、毎月の返済額などを減額させる制度のことです。任意整理には、法定金利を払いすぎてた場合に戻ってくる過払い金があるケースも多く、ケースバイケースですが、自己破産を選択するよりも有利な場合も多々あります。また、過払い金がなかったとしても、2~3年で無理なく返済できるように債権者と調整がつく可能性も高く、さらに、整理したくない自動車ローンのような債務は残すことも可能ですので、債務整理の中でも有利なものと考えられています。
さらに、任意整理は、裁判所を通さずに行われますので官報に掲載されず、誰にも知られずに行うことができます。ただし、任意整理は債務整理の一つであるため、信用情報には登録されることになります。従って、登録されてる機関の5~7年間はクレジットカードを作ったり、自動車ローンや住宅ローンを新規に利用することが難しくなります。