任意整理や自動車ローンについては弁護士へ※無料相談

任意整理や自動車ローンについては弁護士へ※無料相談

任意整理や自動車ローンについては弁護士へ※無料相談

債務整理をする時に自動車ローンのことが問題になることが良くあります。当然、自動車は必要だから高いお金を払って購入しているわけですので手放したくはないのです。問題なのは、銀行以外のローンで購入しているケースで、この場合には名義がローン会社になっています。債務整理をした場合に、自動車ローンも整理してしまうと必然的に自動車を回収されてしまうことになります。そこで、どうしても、自動車を手放したくない人は、自己破産ではなく任意整理を選択します。任意整理の場合は、整理する債務を自由に選べるからです。
自己破産や個人再生などの債務整理は、債務を選ぶことはできず、すべての債務を整理することになります。従って、任意整理を選ぶのですが、本来なら自己破産を選択すべきであるのに自動車を手放したくないばかりに、或は、自己破産をすると当分は自動車の所有が難しくなるためか、任意整理を選択してしまいます。仕事に必要である場合は仕方がないかもしれませんが、そうでない場合には、自動車にかかる維持費と残った自動車ローンの支払いが重しとなり、せっかく任意整理で軽減された債務の返済が困難になるケースが多くあります。
仕事でどうしても自動車が必要な場合はさておき、そうでない場合は自動車は手放し自動車ローンも整理すべきでしょう。自分の状況がどういうものなのかよくよく考えたうえで、債務整理を検討せねばなりません。特に、任意整理を行ったものの過払い請求があまりなく、債務がほとんど軽減されないような場合ならなおさらです。