任意整理の任意売却って?※任意整理の仕組みと方法

任意整理の任意売却って?※任意整理の仕組みと方法

任意整理の任意売却って?※任意整理の仕組みと方法

任意売却とは住宅ローンの支払いが行えなくなったときに、住宅ローンの契約をしている銀行などの金融機関と借り入れを行っている債務者が合意することで、不動産の売却を行う手続きのことです。
任意売却を行って売却した代金で住宅ローンの返済を行って、返済しきれずに残った債務があるときには抵当権を解除してもらうことができます。
住宅ローンの支払いが滞っているときに任意売却の手続きを行わなければ、競売にかけられることになります。
また、ローンの返済ができなくなると銀行や債権者から債務の書類が届けられるなど、精神的にも追いつめられることになります。
任意売却の手段を行うことで第三者に不動産の売却を行えば、売却代金を使って住宅ローンの残高の支払いができるだけでなく、不動産の仲介手数料やその他の生活再建のために必要になってくる経費に充てることが可能となります。
任意売却は住宅ローンの支払いができなくなったときの手続きとなりますが、その他の消費者金融業者からの借り入れなど借金全般に適用できる手続きとしては任意整理があります。
任意整理は裁判所を使わずに、直接的に消費者金融業者などと交渉を行うことで、取引履歴の見直しを行ったり、借金の減額をすることで支払い可能な契約内容に合意してもらう手続きとなります。
任意整理の手続きは住宅ローン以外のローンについても適用することが可能で、減額の和解を消費者金融業者などと締結することで、減らされた借金について返済していくことになります。
任意整理については、借金が全てなくなる手続きではないことに注意する必要があります。