任意整理の事※過払い請求って何?迷ったら無料相談

任意整理の事※過払い請求って何?迷ったら無料相談

任意整理の事※過払い請求って何?迷ったら無料相談

借金を整理する方法として任意整理と過払い請求がありますが、この2つは異なるものです。
任意整理とは、基本的に債務の返済が苦しくなった場合に行うものであり、債権者と交渉を行って債務を減少させるものです。裁判所を通さずに交渉するため手続きを行いやすいです。しかし、これを行った場合、個人信用情報機関のブラックリストに登録されてしまうため、これが残っている間はカードの利用やローンを組むことが難しくなってしまいます。
過払い請求とは、金融業者がグレーゾーン金利のような法定利息を超えた金利で貸し付けを行っていた場合、その超過分の返還を求めるものです。これにより借金の残高を減らせ、残高以上の過払いが存在していればお金をもらうこともできます。
過払い請求では任意整理と異なりブラックリストに登録されないケースもあります。既に完済した借り入れに対して請求を行う場合、債務整理が発生しないためブラックリストに登録されません。しかし、残高の残っている借り入れに対して行った場合は債務整理となるためブラックリストに登録されてしまうので注意します。この場合、過払い請求によって残高がなくなれば登録された情報は削除されますが、その金融業者が個人信用情報機関に削除の通知を行うまでは一時的に記録された状態になります。
また、過払い請求には時効もあります。最後に返済してから10年を超えると請求権がなくなるので、早めに請求しなければなりません。なお、完済してから短期間で同じ金利で借り入れを行った場合、それらは連続していると見なされて時効までの期間が延びることがあります。