個人再生と我が家について※個人再生の依頼について

個人再生と我が家について※個人再生の依頼について

個人再生と我が家について※個人再生の依頼について

借金の整理には、自己破産や民事再生、任意整理などの種類がありますが、それぞれメリットとデメリット、条件が付されています。たとえば自己破産の場合には、我が家などの不動産を始め現金で100万円までしか保有を認められず、それ以外はすべて手放さなければならなくなります。また、民事再生である個人再生については、無職者は使用することができません。毎月の給料名dの収入の中から少しでも返済させることが前提のためです。定期的な返済が見込めない無職者の場合にはこの個人再生の条件をクリアできないことになりますので、別の方法を選ばなければならなくなってきます。
我が家が賃貸の場合には、自己破産してもそこに住み続けることが可能です。なぜならばその住宅、我が家はあくまで借りているだけで、本来の所有者は別にいるからです。
これに対して個人再生の場合には、我が家が自己所有であっても使用することができます。無論、裁判所の認可があっての話ですが、毎月定期的な収入があることが前提ですから、その収入の中から借金を減額したものを返済していくという流れになっています。返済については、借金の総額の5分の1を3年間にわたって返済を続け、その返済が完了すれば残りの借金は返済をしなくてもいいということです。なお、途中で返済が何らかの事情でできなくなった場合には、条件は厳しいですがハードシップ免責という特例も存在し、裁判所に申し立て認可を受ければ残りの債務を免責してもらうことが可能です。