個人再生についての手続き※個人再生はいくら減額できる?

個人再生についての手続き※個人再生はいくら減額できる?

個人再生についての手続き※個人再生はいくら減額できる?

個人再生は、素人が一人で実行できることではありません。弁護士などの法律の専門家に相談する必要があります。しかし、だからと言って、相談した弁護士に全てを丸投げ状態にするのでは、問題は解決しません。借金問題を解決しようとする本人が主体的に、どのような返済を行っていくのかを計画する必要があるからです。
主体的に計画を立てて個人再生を実行するためには、弁護士などと相談をして計画を立て、裁判所に認められる必要があります。この計画段階で、必ず弁護士に聞いておくべきことがあります。それは、無料相談ができるかどうかです。ほとんどの弁護士事務所で、個人再生については無料相談を受け付けていると宣伝していますが、それは初回のみで、2回目以降は有料です。しかし、中には何度でも相談無料の弁護士事務所もあります。このような弁護士ならば、自分の状況を話すことで、状況を弁護士がしっかりと把握してくれますし、自分自身も問題がはっきりしてきます。そうすれば、個人再生のための計画を立てることができ、計画立案のための選択肢を提示してもらえます。その選択肢のどれを選ぶかは本人が決めることですが、良心的な弁護士ならば、提示した選択肢の一つが選ばれて、法的な手続きを開始する段階になってから、有料になります。その場合でも、いくら費用がかかるか、見積もりは聞いておくべきですし、書類としてももらっておくべきです。
個人再生をするほどお金に困っているのですから、弁護士費用も一括では支払いは困難な場合が多いので、部活払いなどができるかどうかもよく聞いておく必要があります。