個人再生についての失敗まとめ※弁護士に頼むべき理由とは?

個人再生についての失敗まとめ※弁護士に頼むべき理由とは?

個人再生についての失敗まとめ※弁護士に頼むべき理由とは?

個人再生は、裁判所を通して借金を大幅に減額でき、住宅などを財産として残すことができるのがメリットです。
個人再生の失敗は、大きく分けて再生計画案が認められない場合と計画通りに返済できなかった場合の2つがあります。
再生計画案が認められない場合は、書類の不備による手続き自体の失敗や、裁判所に返済計画が認められないなどがあります。
書類の不備や裁判所に返済計画が認められないなどの問題は、専門家である司法書士や弁護士などに依頼することで失敗する可能性はほとんどなくなります。
自分だけではどうしても失敗してしまう方は、なんとかお金を工面してプロに依頼できるようにしましょう。
計画通りに返済できなかった場合は、債権者に配慮しすぎた無理な計画であったり不況などの影響などで失敗することがあります。
計画は、全ての債権者の意見を考慮した上で裁判所から返済計画を認めてもらう必要があります。
自分だけでは債権者に現実的に不可能な無理難題を吹っ掛けられたり、話を聞いて貰えないなどの可能性もありますが、法律のプロである弁護士などに依頼すれば相手を交渉の席につけて現実的な交渉ができるようになります。
返済できなかった場合は、債務整理をもう1度しなければなりません。何度も債務整理を行うのは時間とお金を無駄にしてしまいますので、しっかりと無理のない返済計画を立てて、返済していきましょう。
また、弁護士に相談するだけでも個人再生が本当に合っているのかどうか判断する材料になりますので、失敗する可能性を減らせます。