個人再生司法書士について~相談はだれにするべき?~

個人再生司法書士について~相談はだれにするべき?~

個人再生司法書士について~相談はだれにするべき?~

借金をしてしまってしかもそれが返済不可能なほど借りてしまっている場合、より具体的に言えば借金を借金をして返済しているいわゆる自転車操業の場合には、いずれ生活が行き詰ります。すなわち、返済がほとんど不可能な状況になっているわけで、こうした場合には法的な債務整理を検討せざるを得なくなります。
法的な債務整理にはいくつか方法があり、有名なところでは自己破産がありますが、それ以外でも民事再生よく個人再生とも言われますが、この方法もあります。個人再生では、借金のすべてを0にすることはできませんが、弁護士や司法書士に依頼することで裁判所へと申立てを行い、裁判所の認可を受ければ、総借金を5分の1に減額した額を3年間で計画的に返済が出来れば、残りの借金の額をすべてなくすことが可能な制度となっています。
この個人再生のメリットは、自己破産と違い財産を残すことができる点にあります。家や土地の他に自動車な度も残すことが可能です。
なお、弁護士や司法書士への依頼料はその依頼する先の事務所ごとでも異なりますが、通常その費用は30万円程度であり、裁判所への申し立て費用なども含めて30万円程度で請け負ってもらえるケースも多くあります。その費用については個人再生計画完済後に清算をしてくれる事務所も存在しますが、弁護士事務所や司法書士事務所ごとでその対応はまちまちなので、気になる場合には最初に確認をしてみるのもよいでしょう。