個人再生のスケジュールについて知りたい※メリットデメリット

個人再生のスケジュールについて知りたい※メリットデメリット

個人再生のスケジュールについて知りたい※メリットデメリット

借金問題で苦しんでいる方は、一人で悩みを抱えずに弁護士など法律の専門家にアドバイスを求めるようにしましょう。家族に知られることを恐れて返済のために新たな借金をすることなどもってのほかです。もしも、相談費用が心配ならばまずは無料相談を利用しましょう。借金問題の解決は一歩踏み出す勇気が必要です。
個人再生という方法があるのをご存知でしょうか。個人再生とは自己破産せずに借金を大幅に圧縮することが出来る債務整理の方法の一つです。債務は約5分の1から10分の1程度になり、原則手続きが確定してから3年以内に完済します。弁護士に相談をすると、個人再生についてメリットやデメリットについて説明をしてくれるでしょう。メリットは債務減額、住宅や車などを手放さずに済むことなどでしょうか。またデメリットは信用情報機関の情報(ブラックリスト)に載るため今後約5~10年間の新たな借入れが出来なくなること、官報に住所・氏名が掲載されることなどです。
個人再生の申し立てには必要な書類があり、弁護士に依頼する時に必要です。どのような書類が必要かは日本弁護士連合会HPの「法律相談ガイド」⇒「役立つ書式など」⇒「 個人再生手続参考書式」に掲載されている「提出書類一覧(個人債務者再生手続申立用)」を開いて頂くと分かります。
この申立てが裁判所に認められるかどうかは、提出する再生計画案、家計収支表、通帳の写しなどの資料が基になります。債務者が計画通りに返済出来るかどうかがポイントになるわけですね。書式一覧の「個人債務者再生手続標準スケジュール」を見ると個人再生手続きの大凡の流れが掴めるのではないでしょうか。