個人再生するときの流れ※無料弁護士相談で解決の糸口

個人再生するときの流れ※無料弁護士相談で解決の糸口

個人再生するときの流れ※無料弁護士相談で解決の糸口

個人再生とは、裁判所を通して返済が難しくなった債務の減額をしてもらう手続きのことですが、場合によっては失敗することもあります。

主な具体例として、一つ目は個人再生の手続き自体が上手くいかないことです。
そして、もう一つは個人再生をしても、再生後にもう一度債務整理をすることです。
主な流れとして、借金返済が出来なくなった場合に、借金の総額を減らしてその金額を3年間で返済していく再生計画案をたて、全債権者の意見を考慮したうえで、裁判所からその計画が認められたときに計画通りに返済を開始します。
3年間、計画通りに返済出来たときには残りの借金が免除されます。

この時に、失敗する具体例には再生計画案が認められない場合や、計画通りに返済できなかった場合があげられます。
他の具体例でも、再生手続きや計画が法律規定に違反している場合や、再生計画が遂行されない場合、再生計画の決議の成立が不正である、再生計画が再生債権者の一般の利益に反するときや、債権が5000万円以上あるときにもうまくいかなくなります。

もし、失敗してしまうとまた債務整理を行うことになり、時間と経費の無駄になります。
失敗しないためには、正しい手段を選ぶ必要があります。
本当にこの手続きが自分に合っている方法かどうか、また再生計画案もしっかりとたててから対策しなければなりません。
また、専門家にサポートをお願いした方が間違いが少ないです。
相談することで、本当に正しい手続きかもわかりますし、もし合ってない場合でも他の最善策を教えてもらえます。
無料で相談出来るので気軽にお願いしましょう。