個人再生はどのくらい期間?※いくら減額できる?

個人再生はどのくらい期間?※いくら減額できる?

個人再生はどのくらい期間?※いくら減額できる?

個人再生をした場合、クレジットカードの新規登録ができなくなります。
個人再生を完了してから5年間はブラック扱いとなり、その間クレジットカードなどのローンに通りにくくなるというデメリットがあります。
ただし、この5年間の間に一度も落とすことなく借金返済ができた場合のみ、5年間で新規登録ができるというこであり、個人再生中に支払いが1度でも滞ってしまった場合などは例外の扱いとなります。
なので、クレジットカードを新たに作りたいと思った場合は、個人再生で一度も問題なく毎月しっかりと支払えた人のみ対応できるということになります。
また、個人再生中であれば、当然ですがクレジットカードを使うことができなくなるので、注意が必要です。
また、即日発行など簡単にカードが作れる会社に関してもスピード審査で審査をしっかり行っているので、作れない場合であれば、作れないという内容の手紙が届くということになります。
なので、毎月問題なく返済したとして5年後にようやくカードが作れるということになるということです。
少しでも支払などが遅れてしまい、個人再生中に期間を延ばしてもらったりしている場合であれば、完済から5年名ので、さらにクレジットカードを作ることができるようになるまで時間がかかってしまうことになります。
なので、早くクレジットカードを作れるようになりたいのであれば、個人再生中にもしっかりと返済をしていくことが大切になってきます。