個人再生の住宅ローン返済に〈困ったら※無料相談へ

個人再生の住宅ローン返済に〈困ったら※無料相談へ

個人再生の住宅ローン返済に〈困ったら※無料相談へ

債務整理の方法には、大きく分けて3つあります。任意整理と個人再生と自己破産です。
借金を一番大きく減らせる可能性があるのが個人再生です。ただし、債務整理に失敗すると何度も繰り返さなければならなくなるので、計画をしっかり立ててから手続きに入ったほうがスムーズに進むでしょう。
個人再生とは、将来も継続的に収入の入る見込みがある場合に地方裁判所を通して申請します。自己破産との大きな違いは、住宅がある場合に、ローン返済を続けて所有権を持ち続けることができることです。住宅ローンの減額はありません。
個人再生とは借金の総額が5000万円以下の条件が付いています。
個人再生に掛かる費用は収入印紙代1万円、官報掲載費用1万2千円、郵便切手代1600円、個人再生委員への報酬25万円程度です。弁護士や司法書士に依頼する場合は、併せて報酬費用が必要になります。
弁護士に依頼する方法を考える場合は、まずは無料で相談することができるので利用してみましょう。
個人再生とは、借金の減額を受けて3年間の間に返済していく方法です。その分、手続きに掛かる費用は高くなりやすいです。自身にあった返済方法が個人再生なのか、見極めが難しい時には、司法書士や弁護士にしっかりと相談してみましょう。デメリットとしては、個人再生でも自己破産でも官報に氏名が記載され、信用情報の登録によってクレジットカードやローンの審査が通りづらくなってしまいます。