個人再生後について※弁護士へ依頼する最大のメリット

個人再生後について※弁護士へ依頼する最大のメリット

個人再生後について※弁護士へ依頼する最大のメリット

個人再生は予想以上に債務者にとってメリットが大きい借金問題解決手段です。個人再生を予定している方は、事前に細かい条件を確認しておく必要がありますから、今回は個人再生後の財産問題について詳細情報をお伝えしたいと思います。
まず、個人再生後、身の回りの家財道具、生活必需品を奪われることはありません。テレビや冷蔵庫、エアコンなどの暖房器具を失いひもじい思いをすることはありません。つまり、個人再生の手続きを済ませた後でも、普段と変わらない生活を続けることができると言うことです。
また、資産価値の高い時計や宝石などの宝飾品を所有している場合、清算価値には気をつけなければならないものの、手元に残したまま手続きを済ませることも可能です。
既に加入済みの保険商品に関しても、債務整理を理由に解約を迫られることはありません。宝飾品同様、清算価値には注意が必要ですが、解約返戻金を貰える場合にも、基本的には保険は解約しない方向で手続きを進めることができます。
マイホーム同様、マイカーも通常は手放すことはありませんが、自動車ローンが残っている場合は負債にカウントされ所有権を失う可能性が強いでしょう。
ちなみに、自宅以外に所有している土地や建物などの不動産に関しても、担保を取られていない限りはほとんどケースで手放す必要はないと判断されます。
細かい条件はケースバイケースですが、財産問題に関しても個人再生ルールはかなり制限が緩いことがお分かり頂けるのではないでしょうか。