個人再生して減額について※弁護士に頼むべきメリットとは?

個人再生して減額について※弁護士に頼むべきメリットとは?

個人再生して減額について※弁護士に頼むべきメリットとは?

住宅ローンや貸金業者からのローンは利用すると便利なものなのですが、いろいろなところから借りすぎてしまうと、借金の返済ができなくなってしまうこともあります。そして、とても自力で返済できないくらいの借金になってしまったという場合、債務整理を行うようにすると良いでしょう。債務整理するために住宅を手放すしかないと考える人もいるかもしれませんが、そのような時は自己破産ではなく個人再生を選ぶというのがオススメです。個人再生では住宅を手放さずに借金の総額を大幅に減額することができるため、あまり生活に影響が出てこないというメリットがあります。個人再生後は3年から5年で分割返済できるようになるのですが、借金の総額に応じて最終弁済額が変わるという仕組みになっており、500万円以上1500万円未満の借金であれば5分の1くらいまで減らすことができます。個人再生をする前より、個人再生後の方が生活は楽になるでしょう。ちなみに個人再生で住宅ローンの減額はできないため、今まで通り支払っていくことになります。借金を大幅に減らすことができれば、住宅ローンの返済は続けられるという人にオススメの債務整理となっており、家を手放す必要はないので家族には何も影響がありません。個人再生が生活に与える影響について知りたいという場合、インターネットで調べてみると良いでしょう。「個人再生後 生活 影響」などといったキーワードで検索すると分かりやすいです。