個人再生の不許可とは何?※弁護士に頼む理由。無料相談

個人再生の不許可とは何?※弁護士に頼む理由。無料相談

個人再生の不許可とは何?※弁護士に頼む理由。無料相談

個人再生は、借金の返済が困難となった場合の手続きであり、債務整理の一種です。裁判所に再生計画を提出し、それが許可されると借金総額を5分の1程度にまで減額されます。その金額を、将来利息をカットした上で3年間で完済するというのが基本的な内容です。

個人再生は、裁判所を通す債務整理という事で、自己破産と共通点があります。自己破産は、借金を返済する能力がない事を認められる事により、その責務を免除される事になります。このために、財産を隠している様な場合は、免責不許可となってしまいます。また、ギャンブル等の反社会的な目的での借金の場合も不許可となる可能性があります。

個人再生の場合は、返済能力を有しているという事が免責許可の条件です。このために、収入を持たない場合は手続きを進める事は出来ません。ただし、自己破産の様に借金の内容についてまで問われる事はないので、ギャンブル目的の借金であっても、それが原因で不許可になる事はありません。

個人再生と自己破産の共通点は、他にもあります。それは、国が発行している官報に住所氏名が記載されるという事です。また、個人情報を取り扱っている信用情報機関にも記録されます。個人再生の場合は、5年から10年間となっています。

これらのデメリットがある一方で、返済総額は大幅に減らす事が出来ます。また、自己破産の様に財産を手放す必要もありません。返済能力と意思が問われる債務整理であり、過去ではなく現在と将来が重視されます。