自己破産について期間はどのくらい?※弁護士無料相談

自己破産について期間はどのくらい?※弁護士無料相談

自己破産について期間はどのくらい?※弁護士無料相談

近年自己破産の件数が高止まりの傾向が有りますが、実際に自己破産したら自分の日常生活にどの様な影響が有るのでしょうか?と言う疑問は多くの人が持つと思われます。実際に自己破産の申し立てを行い裁判所から免責の承認を得る事で事実上の自己破産と言う形になりますが、そうなると約5年前後ですが様々な制限がついてきますので、日常生活を送る上でも多少なりとも影響を及ぼすのは間違い有りません。

しかし自己破産したら債務が免除されますので当然様々な制限はついてくるのは当然の事で、最低限の生活をしていれば問題は有りません。主な制限としてあげられるのは契約書を交わす行為は基本的には出来なくなり、当然クレジットカードなどでの買い物などは出来なくなりますし、基本的には贅沢と言われる行為は自然と出来なくなります。

自己破産したら注意しなければいけない事は自己破産で債務が免責された事を債権者に通達する必要が有りますが、大手の金融機関はそんなにもめませんが違法に営業している金融機関はそれでも取り立てに来るケースも有りますので、注意をしなければならずもし暴力行為を加えそうになったらすぐに警察に通報しましょう。

自己破産してから約5年ほど制限期間が有るのは生活を立て直す為に有りますので、その期間に借金などしては意味が有りませんので制限期間を設けてある訳ですから、多少の影響は借金が免除になった事を考えたらその位は我慢しないとその後の日常生活が成り立たなくなりますので最低限の生活をする様に心がけないといけません。