自己破産した後と車ローンが組めるまで※無料相談

自己破産した後と車ローンが組めるまで※無料相談

自己破産した後と車ローンが組めるまで※無料相談

自動車を購入する際にには、自動車ローンを組んで購入する人がほとんどであると言えるでしょう。
自動車ローンをはじめとして、銀行や貸金業者から様々なローンなどを組むことで多重債務に陥ったときには、法律的な手段を使うことで解決が可能です。
法律的な解決方法には債務整理の方法があり、自己破産が有名ですが、その他にも任意整理や特定調停、個人再生などいくつかの方法の中から最適な手段を選択することになります。
自己破産の手続きを行うことで、抱えている借金についての返済義務を免除してもらうことが可能になりますので、毎月において借金の返済を継続して行く必要がなくなり生活を安定させることができます。
自己破産の手続きをすることで借金の帳消しができる反面として、所有している財産を処分しなければならなくなります。
その点について自動車も財産として処分されてしまうかどうか気になる人も多いと思われますが、自動車ローンが残っていないケースにおいては、自動車の現在の価格が20万円以上の場合であれば原則的に処分されることになります。
自己破産の手続きを行っている時点において、ローンの返済が残っているときには借り入れを行っている銀行などの金融業者との借り入れ契約が完済されるまでの間は、所有権は金融業者に残されます。
ですので、自動車についてはローン会社に所有権が移って、引きあげられるものと考えておいたほうが良いでしょう。
所有を続けていくためには、債権者の同意が必要になると考えられます。