自己破産ができないケースについて※弁護士の選び方

自己破産ができないケースについて※弁護士の選び方

自己破産ができないケースについて※弁護士の選び方

みなさんはマイカーはお持ちでしょうか。軽自動車に乗っておられる方も、高級外車に乗っておられる方も、その中にはローンでそれらを購入された方もいらっしゃることでしょう。しかし、もしその返済ができなくなってしまい、自己破産をせざるをえないような事態に陥ってしまったらみなさんはどうなるでしょうか。
まず、自己破産ですから返済中のローン自体はその後の返済義務はなくなります。しかしながら、車は資産として差し押さえられてしまいますので、手元には残らないのです。それ以外にも資産とみなされるものはすべて没収されてしまいますので、手元には何も残りません。銀行口座のお金もすべて差し押さえの対象です。
そして、自己破産をしたという事実は個人信用情報に乗ることになり、金融機関の審査の際はその情報がある限り通ることはないでしょう。期間は最大で10年間になりますので、その間は一切の借金ができない状態で生活を行うことになります。
もし皆さんの車が生活にとって必需品だったとしても、ローンは組めませんので現金を貯めて一括で支払う以外の方法はなくなります。その現金がたまるまでは車なしでの生活にならざるを得ないのです。
借りたら返すは当たり前の行為ですが、その当たり前ができないと、大変なことになってしまいます。ですから、借金の返済は何よりも最優先事項として自分の中で扱い、その返済後にまた足りなくなってしまった場合は再度借り入れる、という方向で考えたほうがよろしいと思われます。