破産宣告の免責までの流れを知りたい※弁護士選び

破産宣告の免責までの流れを知りたい※弁護士選び

破産宣告の免責までの流れを知りたい※弁護士選び

破産宣告とは、裁判所が自己破産の手続きを開始することをいいます。
弁護士などに依頼したときや、自分で行ったときにも当然破産宣告を受けるためには費用がかかってきます。
また、自分で手続きを行った場合と、専門家に依頼したときでは費用にも大きく差が出てきます。

破産宣告を受けるのに必要な費用には次のようなものがあります。
収入印紙代(破産申し立てと免責申立て)で1,500円、予納郵券代(切手代)は3,000円から15,000円がかかります。
また、他に予納金という破産申し立てのときに裁判所に収めるお金や官報に掲載する費用は、破産手続き開始決定後に同時廃止になるか、破産管財人が選任されて管財事件になるかで変わってきます。
管財事件になったときは、高額な予納金が必用になります。

同時廃止の場合は、債務者に換価するほどの財産がないときになるもので、殆どの場合はこちらになることが多いです。
この場合では、10,000円から30,000円になります。
管財事件では、債務者に換価するほどの財産があるときになるもので、選任された破産管財人の報酬も負担しなければなりません。
最低でも50万円、少額管財事件でも最低20万円かかります。

更に、弁護士や司法書士に依頼した場合は報酬が必用になります。
報酬は、借入件数や債務総額、各弁護士によってかなり差があります。
通常弁護士だと、20万円から40万円、司法書士だと15万円から30万円ほどかかります。