破産宣告について費用※弁護士に頼むべき理由とは?

破産宣告について費用※弁護士に頼むべき理由とは?

破産宣告について費用※弁護士に頼むべき理由とは?

破産宣告とは、借金を支払うことが出来なくなった時、自分が持っているすべての資産を現金に換え、債権者に分配して清算することです。財産には、住宅や車はもちろん、現金貯金、他人へ貸しているお金、保険解約金、将来受け取る退職金など、すべてが含まれてきます。破産宣告とは自己破産とも言いますが、借金をした人が裁判所に自己破産の申し立てをすると、裁判所が破産手続を始める決定をすることで手続きを行うことが出来ます。破産宣告とは、破産手続きを始める裁判のことを以前は指していましたが、現在は裁判については破産手続き開始決定と呼びます。また、この破産の申し立てをすることは、同時に免責炬火の申し立てをすることになるので、注意が必要です。
自己破産の手続が終わっても、債務はそのまま残っています。そのため、残った債務に対して支払い義務を免除することを、免責と呼びます。免責許可の決定は裁判所が行いますが、債権者からの不服申立ても可能になっています。債務者から不服申し立てがなければ、免責は確定します。但し、免責許可が確定しても、税金、罰金、債権者一覧表にわざと記載しなかった請求権、不法な行為による損害賠償請求権、養育者や扶養義務者として負担するべき費用などについては、支払い義務が免除されないので、注意が必要です。このような債権は非免責債権と呼ばれます。その他、この免責の効果は、破産した人の支払い義務を免除するものです。そのため、同じ借金に対して保証人がいる場合、その保証人に対しては一切及びませんので、注意が必要です。