破産宣告後の正しい知識について※弁護士選びガイド

破産宣告後の正しい知識について※弁護士選びガイド

破産宣告後の正しい知識について※弁護士選びガイド

自己破産は、法律で認められた借金がある人への救済措置です。借金があり、どうしても返済できない場合にとることができる方法で、この方法によっていままでの借金を支払わなくてもよくなります。
しかし、破産宣告後には、それなりの生活への影響もまっています。

破産宣告後の生活への影響のひとつは、すでにある財産も差し押さえになるということです。たとえば土地がある場合やマイホーム、別荘がある場合などはそれらを失うことになります。マイホームのローンがある場合、ローンを支払わなくてもよくなるかわりに、マイホーム自体を手放すので、ローンの支払損です。また、99万円以上の現金や20万円以上の預貯金、株券なども差し押さえの対象となり、手元の残るものはほんのわずかです。

そして破産宣告後の生活への影響のふたつめは、さまざまなことに制限があることです。たとえば長期旅行をするにも、引っ越しをするにも、破産手続きが終了するまでは裁判所に許可を求めなければなりません。また、数年のあいだはブラックリストにのるために、クレジットカードを作成したり、あらたにローンを申し込むことができなくなるのです。そのため、新たに大きな買い物をすることが困難になります。

これらに加えて、職業や資格が制限されるという点もあります。弁護士や税理士という資格から、会社役員など、期間は数か月ではありますが、その間は収入が得られなくなり、あらたな仕事を探さなければなりません。